【DIY】ツーバイフォー材で簡単おしゃれベンチを作ってみました【2×4】

DIY

近所のゲートボール場のベンチが壊れたという事で、お節介にも作ってみることにしました。

まずは設計

何かしら作る前には一応設計します。

廃材を使う場合は材料に合わせて作っていきますが、
材料を購入する場合はちゃんと寸法を計算してからの方がムダが少なくできますので、
ちゃんと考えてから作りましょう。

材料はツーバイフォー材

今回はDIYでみんなが一番よく使っているであろうツーバイフォー材にします。
木材としては柔らかいので加工がしやすく、なによりパイン材であれば安価です。

ホームセンターなどで一番多く売っている6フィートを使用することにします。
手に入りやすいですからね。
6フィートは1820mmですよ。

カタチを考える

ツーバイフォー材を簡単に組み合わせてできるカタチにしたいと思います。
なるべく簡単に作りたいので。

丈夫さも気にしたいんですよね。座面をしっかり脚で支えたいと思います。
で、以下のカタチにすることにしました。

ベンチの構想図
ベンチの構想図

短い脚の上に長い座面を置いて支えるようにします。
そして、長い脚で短い座面を挟む形のものも作って、張り合わせるようにしたいと思います。

パーツはたったの6種類!
超カンタン!

設計書を書いてみる

では、一応寸法などをちゃんと確認するために設計書も書いておきましょう。

設計書と言っても、難しく考えなくて良いです。こんなモンです。
手書きでOK。ラクにラクに。

手書きのベンチ設計図(汚い 笑)
手書きのベンチ設計図(汚い 笑)

6フィートのツーバイフォー材を余らせないように考えます。
で、結果こうなりました。

ベンチの横幅が1200mm
座面高さが400mm
なかなか良いサイズのベンチになりそうです。

6フィートの木材を2パターンにカットします。
パターン1:長い座面 1200mmと、短い脚 310mm を2本分
パターン2:短い座面 1020mmと、長い脚 400mm を2本分

ばっちりムダがありません!

材料の確認

このパターンを何枚張り合わせるかで座面の奥行が決まります。
しっかり奥行が欲しければたくさん張り合わせれば良いという事になります。

ツーバイフォー材の厚みが 38mm なので、9本分で 342mm になります。
今回はこの厚さを座面の奥行にします。
なので材料は、ツーバイフォー材 6フィートを9本です。

ベンチの外側のパターンは合わせた方がバランスが良いように思います。
私は座面が短い方を外側にすることにしました。
逆でももちろん構いません。(そっちの方が丈夫かも。)

私は自分でカットしましたが、ホームセンターでカットしてもらってもラクで良いと思います。

いざ組み立て!

まず木材をカットします。

ベンチの材料をカットし終わった図
ベンチの材料をカットし終わった図

全部カットするとこうなります。
1200mm × 4本
1020mm × 5本
310mm × 8本
400mm ×10本

で、これを木工用ボンドでしっかりとくっつけます。

木工用ボンドで接着します
木工用ボンドで接着します
見えないところはビスも打って補強します
見えないところはビスも打って補強します

木工用ボンドだけでも良いんですが、私は一応ビスを打っておきました。
外側から見えないところだけに。

はみ出した部分を無理やりカット
はみ出した部分を無理やりカット

張り合わせる時になんだかズレてしまったので、はみ出した部分をカットしました。
ま、なんとなくで良いんです。

超重量のベンチ。ボンドを乾かします
超重量のベンチ。ボンドを乾かします

全部張り合わせて、ボンドを乾かしました。
めっちゃ重いです。
6フィート材 9本分なんで。

完成!

あとは、全体的にしっかりとヤスリがけして着色します。
着色はみんな大好きウォルナットです。キシラデコールです。

座面がざらざらするのは気分が悪いんで、きっちりやすり掛けしましょう。

雨ざらしで使用する場合は、張り合わせる前に3度塗りくらいしたほうが良いかも知れません。
私は張り合わせた後に2度塗りしました(笑)

塗装すると結構いい感じ。完成です。
塗装すると結構いい感じ。完成です。

これで完成です!

ものすごくしっかりしたベンチが出来ました。
そして、恐ろしく重たいです(笑)

ゲートボールチームの方々にはすごく喜んでもらえました。
作って良かった。

材料、道具まとめ

材料

・ツーバイフォー材(パイン材)6フィート 9本
・木工用ボンド
・ビス 75mm

【塗料】
キシラデコールが良いです。

道具

【インパクトドライバー】
ボッシュのは値段も手ごろで良い感じです。
ビスの下穴開けと、ビス打ちに使いました。

RYOBI(リョービ) 卓上 スライド丸のこ TSS-192 1台

価格:36,419円
(2021/9/8 22:05時点)
感想(5件)

【卓上スライド丸ノコ】
これがあるとキレイに直角に木材が切れます。
しかも丸ノコより安全です。
欲しいです。

【丸ノコ】
木材切ります。
私はコレです。

【のこぎり】
これでも全然切れますが、数が多いとしんどいです。

【サンダー】
ボッシュは良いです。
広い面のやすり掛けはこれがあると
非常にラクでキレイにできます。
是非1台。

【やすり】
大きい面のやすり掛けにはせめてハンドサンダーが必要です。
頑張りすぎると手が壊れます(笑)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 国内移住へ
にほんブログ村 にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村 このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

タイトルとURLをコピーしました